2011年06月19日

披露宴放映用動画作成の備忘

結構好評だった披露宴放映用の動画作成について
つかったソフトと、段取りだけ備忘で。

もともと動画作成なんかしないんで、
もっと素敵なアレがあるんかもしれませんが、
少なくとも、これでアレくらいはできる、ってレベルで。
実質「ただ」でやりましたw

★必要ソフト★
※一部を除いて全て無料です。
※有料のものも無料試用期間つきのため、実質無料。

Windowsムービーメーカー※初使用
【動画、静止画、音源からムービー作成&文字いれ】
http://www.gigafree.net/media/me/windowsmoviemaker.html

Windows PhotoStory3※初使用
【写真をスライドショー化】
http://www.microsoft.com/japan/windowsxp/using/digitalphotography/photostory/default.mspx

アマレココ※初使用
【汎用デスクトップキャプチャ】
http://amamaman.web.infoseek.co.jp/

OpenOfficeのImpress(プレゼンテーション)
【無料版officeもどきのパワポもどき】
http://ja.openoffice.org/
※あればPowerPointの方がいいと思う

(SNES系のエミュレータ)
【PC上でスーファミのゲームを動作】
SNESでググれば見つかる。

(スト?のrom)
【SNESエミュレータ上で動かすスーファミゲーム】
romなどでググれば見つかる「かも」。

AviUtl
【動画の簡易な編集"トリミング"】
http://www.gigafree.net/media/me/aviutl.html

TMPGEnc Authoring Works 4※初使用
【動画フォーマット変換+DVDライティング】
http://tmpgenc.pegasys-inc.com/ja/product/taw4.html
ダウンロード版9800円という有料ソフトだが、
14日間の試用版があるので、それを利用。
ただ、何度も使うとすれば、9800円は「安い」名ソフト。
他に同種のフリーソフトがあるが、
正直、満足する品質で出力されるものはない。
このソフトに行き着くのに一番苦労した。
※結局、当日撮影してもらった動画が集まってきて、
 それを処理するのに購入することにした。

SoundEngine Free
【wave形式の音源を切ったり貼ったり音量音質変えたり】
http://soundengine.jp/

★基本的な作業★
※詳細なソフトの使い方はそれぞれ別途確認のこと。
 ほぼ、全て直感的に使えるとは思う。

1.素材の準備(音源)
  大概、BGMは必要で、なおかつ、
  動画には再生時間が指定されていることが多いと思われる。
  どうしてもある曲が使いたくて、なおかつ、再生時間内に
  収めるためには「曲を短くする」「長くする」などの
  工夫が必要になる。
  20110605では、ほぼ全ての曲をショートカットしつつ、
  手紙朗読時のBGMは繰り返しなどをいれて長くした。

  テレビの「ものまね」などで見られるように、
  序奏からいきなりサビにいくとか、
  Aメロ1→Bメロ1→Aメロ2→Bメロ2→Cメロ→Bメロ3
  を、中略して
  Aメロ1→Bメロ1→Cメロ→Bメロ3
  にするとか。
  とりあえず、必要な楽曲を入手し(youtubeとか)
  waveに変換して、「SoundEngine Free」で、
  きったり貼ったり試してみて、
 「再生時間にハマるように」「雰囲気を失わないように」
  編集しないといけない。

  また、複数の音源を利用する場合は、音量の差に注意。
  曲が切り替わっていきなり小さく大きくなるのは困る。
  最後のムービーメーカーでも音量調整は可能だが、
  音源によっては、低音が効きすぎて、音割れが避けられないような
  音源もあると思われるが、低音だけ縮小、などの操作も、
  「SoundEngine Free」で可能。

2.素材の準備(動画系)
 デジカメやビデオなどで撮り溜めたものがあれば、
 それらを使うのもよい。
  20110605では、スト?動画部分、
  音楽に合わせた画面切り替え部分でのみ使用。
 スト?
  SNES系エミュレータにてスト?romを読みこみ、
  普通に遊んでいる画面を「アマレココ」でキャプチャー。
  キャプチャーした画像の上下左右の不要な部分を「AviUtl」で
  トリミングする。
 音楽に合わせた画面切り替え
  基本的には「写真系素材のスライドショー化」や
  「ムービーメーカーへの配置」で
  画面切り替えのタイミングは指定できるが、
  1.25秒以下の微細な調整が難しい(できるのか?)ため、
  やむなく作成。
  「OpenOfficeのImpress」で画面切り替えしたい静止画を
  重ねたファイルを作成する。
  (あればPowerPointのほうが扱いやすいと思われ)
  「アマレココ」でスライドショーをキャプチャー開始し、
  お好みのタイミングでクリックして画面を切り替える。
  出来た動画から、不要な枠や、
  冒頭・終了を「AviUtl」で処理する。

3.素材の準備(静止画系)
 動画と動画のつなぎ目や、動画のオープニングにおく画像は
 自分で書いたり、撮ったり、
 ネットで拾ってきたりしないといけない。
 エンドロールで使用した背景画は、最初のカット以外、
 自分で撮影しエフェクトをかけて用意した。
 最初のカットはネットで拾ってきた。
 同期余興時の背景は、自分でPCで書いた(一番手抜き)
 (画像編集ソフトは一般的かつ、あまたあるので紹介割愛)

4.素材の準備(写真系)
 デジカメの写真ばかりであれば問題ないが、
 古いアルバムの中に隠れて思い出が一杯、
 というような場合はスキャナーでとってあげるしかない。
 ある意味、いい機会だから、はじから電子化してしまう
 という覚悟を決めるのもよい。
 あとは、どういう写真をどう使うかを考えるだけ。
 物によっては、黒背景に数枚並べる、
 というようなことも必要となるが、
 これも、ペイントブラシでも、できないことはない。

5.写真系素材のスライドショー化
 Windows PhotoStory3を利用して
 4で用意した写真をストーリー仕掛けに並べて
 スライドショーを動画として作成する。
 ここで他者に進捗を見せると、
 「あの写真がいい」「これはダメ」と
 収拾がつかなくなるので、要注意。

6.ムービーメーカーへの配置
 1〜5で用意した素材をムービーメーカー上で
 配置、表示時間・タイミングを調整する。
 これらの素材と非同期に文字を入れ込めるので、
 (これも直感的に操作できると思う)
 素材+テキストでストーリーを仕立て上げる。
posted by AL at 10:25| Comment(2) | 雑感